法律の改正手続き

法律の改正手続きの流れ

法律の改正手続きの流れについて

法律は成立後にも頻繁に変わっていきます。変わる理由は、時代に応じてルールを変更する必要が生じたことによります。これは、民事や刑事、行政、金融など、あらゆる分野に共通のことであり、特定の領域にのみ該当するわけではありません。改正の手続きは、まずは議案としてそれを国会に提出することが必要です。この点は、新しく法律を作る場合と異なりません。そして、国会の審議を経て決議を行い、そこで可決されると改正法が成立します。その後、内閣が閣議によって公布をすることを決定します。交付は官報に掲載する方法で行います。

改正手続きは国会で審議される

法律の改正をするためには、国会での審議、決議を経る必要があります。古い法文を現代語化した時がありましたが、そのような場合であっても同様の過程を経ます。ただ、議員立法を除くと、ほとんどが内閣立法です。内閣立法とは、各省庁が法律のたたき台を作ってそれを国会に提出し、審議をしていきます。これが多い理由は、専門的な知識が必要な分野であれば、各省庁の専門的な知識が必要になるからです。これは三権分立に反するのではないかという見解もありますが、きちんと国会の手続きを経なければ成立しないため、問題とはなりません。

↑PAGE TOP

Copyright © 法律の改正手続きの流れ All rights reserved